留学は国際交流のチャンス

留学といっても語学留学と自分の専門分野を学ぶための留学があります。多くの人が考えるのは語学留学でしょうか。
語学留学には様々な国の人と出会えるチャンスがあります。特に移民国家であるアメリカへの語学留学はそうです。基本的に英語圏の国で英語を語学学校などで学ぼうとする人は現地の人ではありません。大抵が海外から語学を学びに来た人たちです。ということは、自然と語学学校のクラスメイトは別の国の人になります。もちろん、学校によってその学校に通う生徒の国籍に偏りがかなりある場合もあります。ですから、学校選びは慎重にしてください。
もちろん、色んな国籍の人が自分と同じクラスにいるということは自分では常識と思っていたことが当てはまらずにイライラすることもあります。ですが、そういった場合に改めて自分の考えている常識が常識ではないということがわかるのです。
基本的に語学学校にいるアジア人は真面目に勉強をする傾向があるんです。どちらかというと、受身で座学というタイプが多いでしょう。ですから、よくしゃべる国の人がクラスにいた場合、思うように発言もできずかといってよくしゃべっているクラスメイトが何を言っているのかも理解できずにものすごく静かになってしまう日本人も多いものです。
また、授業の途中にきゅうにいなくなったりするような国の人もいるので恐らく慣れていなければ驚くでしょう。もちろん、学校側としてもきっちりとそういう授業態度の生徒を注意したりするのですが、そういう状態で育った人たちを強制することはできません。ただ、本当に実力のある語学学校の先生はそういった生徒を野放しにして授業崩壊という状況にはしないので、きちんと学校や先生の評判を前もって確かめて語学学校を選ぶ必要があります。
たとえエージェントを通して語学学校を申し込んだとしても、最終判断は自分ですることになるので語学学校が合わなくても自己責任となります。
もし可能なら、ビザの条件などを考えて語学学校をいきなり長期で申し込まないなどの対策もいいかもしれません。ですが、異なる環境や文化の中で育った人と出会える貴重な場所は語学学校です。それを国際交流のチャンスと考えて楽しむべきです。

PR
全身脱毛どこがいい|ページランク別相互リンク集|相互リンク募集中|PagerankExplore|チャットレディ|童話集|相互リンク募集サイト|相互リンクダイレクト|スマホアフィリエイト|MY2-Link|家電の鬼になろう!|